CZAPEK - Faubourg de Cracovie 第1部

Baselworldで公開されたCZAPEKの新作は、待望のクロノグラフ。

Faubourg de Cracovie(フォーブル・ド・クラコヴィ)と名づけられたモデルの全貌をご紹介します。長くなりますので、数回に分けてご紹介します。



Faubourg de Cracovie
Czapek & Cie.社は、成長を続けるエレガントなウォッチ・コレクションに加わるニューモデルを発表しました。
Faubourg de Cracovie(フォーブル・ド・クラコヴィ)は、伝統的な洗練さと、クロノグラフ機能の魅力的なツイストを組み合わせています。このコレクションには、スイスの優れたクラフトマンシップを反映した3つのダイアルがあります。

CZAPEK社CEO
Xavier de Rochemaurel
「ファーストモデルでの高貴なロマンティックに続いて、今回はクロノグラフを導入することで、活気や元気さということを提供します。」とCzapek & Cie社のCEO Xavier de Roquemaurel(ザビエル・デ・ロックモーレル)は述べています。「これは伝統的であるが、モダンな感覚をもった、まさしく私たちの最新モデルです。最新作Faubourg de Cracovie(フォーブル・ド・クラコヴィ)のケースサイズは41.5mmで、Quai des Bergues(ケ・デ・ベルク)のレボリューション・ケースを採用したスティール製です。リューズガードもそのまま存在していますが、このモデルでは、プッシャーとして独創的な役割を果たしています。


クロノグラフのプッシャーとして機能する、リューズガードと
ボックス・サファイア・クリスタル
エッジの効いたサファイアクリスタルの下にあるダイアルも、間違いなくCzapekであることを示しています。2つの大型のサブダイアルは3時と9時の位置にセットされ、それぞれが積算カウンターの役割を果たします。スモールセコンドは日付表示とともに6時位置にあります。繊細なクロノグラフ針は、鮮やかなスカーレット・レッドで仕上げられたXIIまたは60の表示と呼応します。


Faubourg de Cracovieには、2種類のダイアルがあります。ひとつめは、Quai des Berguesコレクションで採用された魅惑的な「Ricochet(リコシェ)」ギョーシェが施されたダイアルです。交差する円形のラインは、ダイアルを生き生きとさせる浮き彫りのようなパターンを形成し、石切りで水が跳ね返るときに石がつくるかもしれない波の干渉パターンを思い起こさせます。この伝統的な技法は、繊細なダイアル製作の鍵となるマシンである、18世紀後半に考案された旋盤でしか実現できないものです。このRicochetデザインは、François Czapekの作品に倣ったものです。




もうひとつのダイアルは鮮やかなグランフー・エナメルで、それは、おそらくモダンなクロノグラフでは、もっとも予期しない組み合わせで、さまざまな機能表示とスケルトン化された針とのコントラストを提供します。サブダイアルは技術的に可能な限り、最大限に大型化され、視覚的バランスが向上しています。ダイアルのシェイプは「ボンベ」スタイルで、Donze Cadran社の技術的優位性と、Czapekのスピリットを示したものです。最後に、シークレット・サインが、このエナメル・ダイアルを飾ります。

グランフー・エナメル・ダイアル
カウンター内に描かれた
CZAPEKのシークレット・サイン

第二回目は、各モデルのネーミングとムーブメントについてのお話です。


0 件のコメント