REBELLION News


 


Vaillante Rebellion(ヴァイヨン・レベリオン)Oreca 07 31号車は、10月15日、非常にトリッキーなコンディションの中で開催された FIA世界耐久選手権第7戦で勝利を収めました。



富士スピードウェイでの6時間耐久選手権は現地時間11時にスタートしました。週末からの悪い気象条件により、レースはセーフティーカーに先導され始まりました。Nelson Piquet Jr.(ネルソン・ピケ・ジュニア)とBruno Senna(ブルーノ・セナ)は、一番手、二番手でレースを開始しました。






セーフティーカーがトラックを抜けた直後、Nelson Piquet Jr.は最初のターンでスピンを起こし、全体の18位まで順位を下げてしまいました。彼は、Sennaがリードを保っている間にビッグチャージをかけなければなりませんでした。


25分後、Piquet Jr.LMP2クラスの2位まで順位を上げましたが、彼の勢いは、40分の激しい雨によるイエロー・フラッグによりそがれてしまいました。


レースの最初の1時間が経過した直後、視界不良のためレースが中断され、マシンはすべてフィニッシュラインで止まりました。レッド・フラッグによる30分の完全中断の後、レースが再開されました。この時点で、Bruno Sennaはクラスのトップであり、Nelson Piquet Jr.5位のポジションでした。





レース途中、ドライバーはMathias Beche(マティアス・ベチェ)とNicolas Prost(ニコラ・プロスト)に交代し、4位でピットを出たProst31号車は、クラスのトップに戻るため戦わなければなりませんでした。残念ながらMathias Beche13号車は、24号車 CEFC Manorとの接触により、アウト側のバリアに回転しながらクラッシュ。リタイアせざるを得なくなりましたが、幸運なことに、このスイス人ドライバーは無事でした。


レースが4時間経過し、Nicolas Prostは、悪天候によるたびたびのセーフティーカーの出動、マシン同士の接触が多発するという非常に困難なレースでOreca 07 31号車をLMP2クラスのトップに戻しました。






4時間30分が経過、濃霧により再びレッド・フラッグ。この後レースが再開されることはありませんでした。

こうして、Vaillante Rebellion 31号車は、富士スピードウェイでの世界耐久選手権LMP2のカテゴリーで勝利を収めました。それに続く、2位が36号車Signatech Alpine Matmut3位が38号車Jackie Chan DC Racingでした。次のWEC世界耐久選手権は115日、上海で開催されます。








0 件のコメント