VORTEX GAMMA - Born from Colours


#BornFromColors : HAUTLENCE(オートランス)は、Vortex Gamma(ヴォルテックス・ガンマ)でユニークなテクニカラー体験を提供します。Vortex Gammaは、いかなる色調も表現できる新しくて独自のマテリアルをケース素材に採用することで、自社製ムーブメントHL2.0が搭載されたモデルに、これまでにない無限の可能性を秘めたオーダーメイドの楽しさを可能にしました。
  
2004年以来HAUTLENCEは、独自の時刻表示へのアプローチにより、伝統的なウォッチメイキングのコードを革新してきました。このニューシャテルのブランドは、革新の最先端を走り続けることを決意しています。今一度、限界を打ち破る - HAUTLENCEは、自動車産業や航空宇宙産業の技術を取り入れた革命的な複合素材を選択しました。セラミック・ナノチューブが充填されたHLLightColorには、従来の時計産業で採用されてきた金属と同じ特性がありますが、最大の特徴は、チタニウムよりも4倍軽量であるということです。これは、通常の金属同様の精度、同じ公差内で機械加工されるため、ケース表面がブラッシュ、ポリッシュ、ビードブラストの交互仕上げがなされているVortex Gammaのようなきわめて複雑な仕上げが可能です。そしてこのような技術的な外観に加えて、このマテリアルは美的な面における無限の可能性を秘めています。HLLightColorは着色することが可能であるため、すべてのパントーン(Pantone)のカラーを再現することができ、カスタムメイドのモデルをオーダーがすることが可能となりました。それは顧客にとっての喜びでもあります。



6枚の3Dサファイア・クリスタルで構成されたVortex GammaをデザインするにあたってHAUTLENCEは、1982年のCGを使用したSF映画の元祖でもあるSteven Lisberger(スティーブン・リスバーガー)監督の作品を基にした「TRONスタイル」からインスピレーションを得ています。TRONは、集積回路を表現する発光の形を示す視覚効果を表現することで、非常にグラフィカルな世界を生み出しました。スポットライトとしてカラーを挿入するというこのスタイルにより、HAUTLENCEVortexのケースがもつ建築学的なラインを劇的に向上させ、際立ったコントラスト効果を強調しています。


ほぼ完全に透明なサファイアで作られたミニッツ・ダイアルは、Vortex Gammaに搭載された、キャリバーHL2.0に広い視野を提供します。このモデルの特徴でもある「カラー」は、ムーブメントのキーとなる機能である12リンクの時刻表示チェーンにも現れています。自動巻きのキャリバーHL2.0は、3つの特許を取得済みです。最初の特許は時刻表示のためのチェーンです。ショックとエネルギーロスを効果的に回避するようコントロールされた手法により60分が経過するとその34秒後にリンクが動作し、次の時間を表示し、その動作中のメカニズムやムーブメントの美しさを眺めることができます。第2の特許は、モバイルブリッジと統合された脱進機構に関することです。このモバイルブリッジが絶えずポジションを変化させることにより、重力の影響を統計的に補正し、精度を高めています。3つめの特許は、ツインバレルに関することです。コンプリケーション機構を作動させるため専用に設けられたセカンドバレルは、毎時間の変化に合わせて最適なエネルギーを確保するために、メインバレルにより継続的にエネルギーが転送されます。このシステムにより、時計の精度に影響を与えることなく動作させることを可能にしました。
Vortex GammaによりHAUTLENCEは、ハイテクで、非常にカラフル、そしてインパクトのあるデザイン性を備えたハイエンドのメカニカル・ウォッチを提案します。



0 件のコメント